げんき村

 げんき村のエゴマ栽培は理事長の藤田力さんが日本経済新聞のえごまが生活習慣病に効くという記事を見たことに始まります。只見では、昔からえごまを食べる習慣があったこと、農家の収入につながる農作物を普及させたいという思いで設立された研究会を経て、平成18年に只見農産加工企業組合が創設されました。名称の「げんき村」にはえごまを栽培することでみんなに元気になってほしいという思いが込められています。げんき村では自社の畑や契約農家で栽培されたえごまの実・葉などを使った商品に加工しています。生産されるえごま油は実を焙煎せず圧搾型の搾油機を使い、時間をかけて絞られています。こうした製法により、えごまに含まれる栄養素をそのまま残すことができます。また、生産者から持ち込まれたえごまの搾油も行っています。その搾油方法が評価され、町内は勿論、県内や新潟・埼玉など遠方からの依頼も受けています。

 
住所 〒968-0431
福島県南会津郡只見町大字楢戸字椿61-7
電話番号 0241-82-2387
営業時間 10:00~17:00 定休日:月曜日
ホームページ http://www.uyou.gr.jp/genkimura/index.html

 えごまは昨今、健康食品として注目されていますが、実はその栽培方法は確立されておらず、また収穫作業の機械化が進んでない農産物です。そうした中で生産量は安定せず、げんき村を始めた当時は町内での生産量が限られ、只見産にこだわって扱うことができませんでした。10年くらい前までは1年の内で只見産から会津産、福島県産とその生産地域を変えてえごま油を生産するしかありませんでした。最近になってようやく年間生産量を町内で賄えるようになり、只見産であることを自信をもって言えるようになりました。以前に、購入した方からは只見のえごま油は香りが良いと好評いただいています。また、総務の齋藤幹子さんはえごまマイスターの資格を取得し、生産者やえごまに興味を思っている人に向けて他の地域の取り組みや栽培方法、食べ方などの普及活動を行っています。また、昨今問題になっている耕作放棄地を所有者から借り入れ、げんき村でえごま栽培用地とする取組も進めています。お客様から生産元を聞かれた際には、只見産であると答えられるように地域にこだわった製品づくりをしています。市町村単位の生産地域で1年間の生産量を満たすところは県内でも少なく、町内で年間を通してえごま油を生産していることを誇りに思っています。

おすすめ商品➀ じゅうねん油

えごま油はα-リノレン酸を多く含み脂肪酸を分解する酵素の働きを活発にします。また、「福島県おみやげコンクール認定」、「会津ブランド史・季・彩・再地域ブランド認定」を受けています。熱を加えると成分が変わるので、和え物・納豆・味噌汁などにかけて1日スプーン1杯目安で食べてください。

おすすめ商品➁ じゅうねんドレッシング

えごまのさわやかな香りが残り、あっさりとしたドレッシングです。値段もえごま油と比べて安価なため、えごま油を始めたい人におすすめです。

げんき村さんの商品はコチラからお買い求めできます。

 
PAGE TOP