目黒麹店

 明治32年(1899年)から創業して麹や味噌、麺類の製造販売を行っています。創業当時から味噌の取扱いがありましたが、昔は麹を各家庭で購入して味噌を作っていました。その麹造りを担っていたので、今も屋号は当時のままの目黒麹店になっています。ここで造られる味噌は会津で多い十割味噌(使用する大豆と麹の割合が1:1)よりも麹割合が多い、12割~18割の味噌を生産しています。また、定番の只見生らーめんの他に生そうめん、生うどん、年越しそばなど季節限定で販売している麺類も取り揃えています。

 
住所 〒968-0421
福島県南会津郡只見町只見田中1220
電話番号 0241-82-2050
営業時間 8:30~18:30 定休日:火曜日
ホームページ http://megurokouji.com/

 目黒麹店は明治32年(1899年)に創業し、120年以上の歴史がります。私で7代目になります。長く営んできた麹店を終わらせたくないという思いで、家業を継ぐため地元にUターンしてきました。昔ながらの手作り味噌商品の原料は厳選した国産にこだわり、添加物は一切使用していません。また、ゆっくりと手間をかけた長期熟成しています。そのことで塩味の角がとれて味がまろやかになり、うま味やコクに深みができます。当店で作っている味噌は、一般的な味噌と比べ麹の割合が多い、12割~18割味噌を作っています。麹の割合が多いほど麹の甘み、うま味の際立った味噌になります。極みそは取り扱っている商品の中で一番麹割合が高く大豆の1.8倍の量の麹が入っています。また、5代目が大阪修行中に出会った生中華麺の味が忘れられず、地元只見でもおいしい生中華麺を食べれるようにしたいと生中華麺の製造を始めました。試行錯誤を重ねた「只見生らーめん」は今では目黒麹店の定番の商品になっています。また、その他の生うどん、生そうめん、年越しそばなど時期にあった麺類を製造し、みなさまからご好評いただいています。  麹菌が生きている味噌はその土地の気温や湿度などの気候に大きな影響を受け、同じ作り方をしても地域によって全く別のものになります。目黒麹店では、味噌や麺類には只見の清やかな水を使用しています。また、この地域特有の多雪を生かした雪蔵での低温熟成など只見でしかできない商品づくりをしています。

おすすめ商品➀ 無添加味噌

お好みや使用用途に合わせて4種類の味噌をご用意しております。厳選した国産原料を使用し、清らかでおいしい只見の水で仕込みます。代々引き継いできた秘伝の製法で丁寧につくられた味噌は、旨みやコクが違います。 おすすめのお味噌は、麹割合が一番多い「極みそ」です。米麹を通常の1.8倍使用し、麹の甘みと豊かな香りが実感できる甘口味噌となります。おかず味噌や野菜に付けて食べるなど、味噌自体の味を味わうのにおすすめの味噌です。

おすすめ商品➁ 只見ラーメン

生らーめんを打って六十年余り。麹屋のこだわり生麺。 五代目が大阪修行の際に、おいしい生中華めんと出会い、地元只見に製麺所がなかったことから、製麺業を開始する。 上質の小麦粉を2種類使い独自にブレンドし、「水の郷・只見」のおいしい水で練上げました。 手造りだから出せる、モチモチとコシの強い熟成多加水麺です。

目黒麹店さんの商品はコチラからお買い求めできます。

 
PAGE TOP